避妊指輪の避妊成功率・総額・反発において

避妊の一つの種類に避妊指輪があります。
夫人核心の避妊作戦だ。旦那任せのコンドームとは違い自分で管理して予期せぬ懐妊を防ぎます。

 

避妊率、対価、難点はどういうものなのでしょうか。

 

避妊指輪の避妊が出来る背景やメカニクスにあたって

 

夫人の体内に装着する避妊指輪を通じて、性交後に放出された精子が活発に活動する事を抑えたり、受精卵が子宮間膜に着フロアを防ぐ効果を発揮する事によって妊娠する事を防ぐメカニクスになっています。

 

子宮内にアレンジ望める避妊指輪の種類は2種類有り、黄体ホルモンを子宮の中に永続的に放出するIUSといった子宮間の事態を変えて受精卵の着フロアを防ぐ効果を発揮するIDSが有ります。

 

IUDには銅や薬剤が沈着されているやつも存在してあり、銅沈着システムは、銅イオンの行動にて精子を子宮内に仲間入りする作用、薬剤沈着システムは、黄体ホルモンの行動にて子宮粘膜を薄くする作用が有ります。IUSかIUDのアレンジの違いを通じて生理が少なくなったり大方なったり講じる現象が発生します。

 

避妊指輪の避妊率

 

避妊指輪はひとたび装着すれば長期的に避妊効果があります。
避妊指輪には何やかや分類がありますのでロット見てきましょう。

 

従来システム(FD-1)

 

従来システム(FD-1)は、内に留置することにより受精卵の着フロアを防ぐプラスティック製の避妊指輪で、アレンジ日数は2〜3年で避妊率は約95百分比だ。

 

銅授与システム

 

銅授与システムはコア棒に銅線を巻きつけて銅イオンの実践により避妊作用を高めた避妊指輪で、アレンジ日数は約5ご時世で避妊率は従来システムより高くなり97百分比〜98百分比だ。

薬剤授与システム(ミレーナ)

 

薬剤授与システム(ミレーナ)は黄体ホルモン剤が授与された避妊指輪で、アレンジ日数は約5ご時世で避妊率は銅授与システムから再び高くなり99.8百分比〜99.9百分比だ。

 

薬剤授与システム(ミレーナ)は、子宮内にのみ黄体ホルモンが作用して、子宮間膜のトレーニングを抑制します。なので、生理の出血を少なくしたり、生理痛も軽くすることができます。

 

避妊指輪の対価

 

避妊指輪はIUDやIUSという呼ばれ方もしますが、指輪は産婦人科をめぐって装着して貰う必要があり、アレンジ時間は手入れ等も含めて10取り分から20取り分等掛かり、1度のアレンジで2ご時世から5ご時世持ちます。

 

装着する期間痛みを感じるという第三者もいるようですが、装着してしまえばアッという間にその作用が現れます。対価はフリー診療なので保険は適用されませんので、その対価は医者にてまちまちです。一般的に7万円から8万円等かかります。

 

避妊指輪は辛いの?

 

避妊指輪を装着するときの苦痛に関しては、基本的に子宮を少々張り付けるようになっているのでその部分で厳しいと感じる人が多いようです。

 

ですがアレンジそのものは一瞬で完了するので本当につらいと感じる時間はそこまで長くなく、人によってはそこまで痛みを感じないに関してもあります。

 

また避妊指輪のアレンジ後は揉め事が起きなければ辛いと感じることは僅か結果、毎日にも何より支障をきたすことは僅かと言われています。

 

避妊指輪の難点・副作用

 

避妊指輪を装着するって副作用が起きる事があります。

 

腹痛、痛み、おりという、月経オーバーなどです。

 

難点としては医者に受診して入れて貰う製品なので揉め事が起こればやはり医者に行かなければならず面倒な全面もあります。

 

骨盤間炎症、子宮外側懐妊が起きる事もあるので急に腹痛や出血などがあればあっという間に医者来院ください。

 

やっと高い金額を払って装着しても飛びてしまう事もあるので、気を付けなければなりません。

 

避妊指輪は過去に子宮外側懐妊した事が居残る方、月経オーバー、性器感染症、銅アレルギーがあれば適しません。